Udemy でのPower Platform 講座を開設: 作って学ぶPower Apps !

【Power Apps 関数辞典】LookUp

Power Apps キャンバスアプリの関数自体を説明する関数辞典です。

本記事ではLookUp関数を紹介します。

利用シーン

LookUpは、Excelの VLOOKUP関数と同じような関数です。

2つのデータソース間でIDや名称なでどで一致したレコードや列を返すことができます。

注意
LookUpは、初めに見つけたレコードを返します。
そのため、一意な値(キー)でLookUpしないと、該当するレコードが複数あった際には2つ目以降のレコードは無視されます。

なるべく名称一致などではなく、ID一致としましょう!

関数の説明

LookUp関数は以下のように書くことができます。

コード
LookUp(データソース, 条件, 列)
  • データソースは、探したいレコードがあるソースを書きましょう。
  • 条件は、イコール(=)などを使っていっちさせる式を記述します。
  • 列は、結果としてほしい列を書きます。
MEMO
こちらは省略することができます。省略するとレコード自体が返ってきます。

Microsoft のリンク

Microsoft 公式ドキュメントはこちらにございます。

参考 Learn Microsofthttps://learn.microsoft.com

YouTubeでの説明

 こちらはYouTube Shortsでも紹介しています!

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です