Udemy でのPower Platform 講座を開設: 作って学ぶPower Apps !

D365FOのパーソナライゼーションによるカスタムフィールドの追加

エバーグリーンということで、Dynamics 365 for Finance and Operations (D365FO)の時代に、ゴリゴリの開発スタイルに凝り固まっていてはダメですよということで、今回は「パーソナライズ」:拡張機能の強化を紹介します。

エバーグリーンの波に乗り、その海の中で生きれば色々とやれることが見えてきます。住めば都とはよく言ったものです。

カスタムフィールド追加手順

任意のフォームやビューにて右クリックして、パーソナライズをクリックします。

 

フィールドの追加をクリックします。

 

何となく分かるかもしれませんが、フィールドが追加できる場所でのみこの機能が利用できます。
以下のように、例えばリボンメニューではフィールドの追加が表示されず利用できませんあ。
レコードを保持するための画面にはついかできるようです。

 

以下のようなダイアログが表示され関連するフィールド一覧が表示されます。今回は「新しいフィールドを作成する」をクリックします。

 

すると以下のダイアログが表示されフィールドのプロパティを指定することができます。

 

ここで言うタイプにて、データ型を以下の通り指定できます。

参考としてそれぞれのデータ型は以下のように表示されます。

 

以上のように簡単にフィールドを追加することができます。

現状の機能では単純な属性値しか追加することができませんので、入社年から勤務年数を計算させて表示するなど、ロジックを埋め込むことはできません。その場合、開発となります。

非常に簡単に実装できるため、プロジェクトにてフィールドの追加要望があった際に、お客様側にて内製する提案とするような用途も良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です