Power Apps だけで承認できる旅費承認アプリを作る

D365 Commerce: 店舗用の職務の作成

D365 Commerce では、通常のセキュリティロールとは別にPOSの個別セキュリティロールが設定できます。

個別セキュリティロールは、D365では「POSアクセス許可グループ」と言い、人事管理モジュールの「職務」に関連付けることで設定できます。

デモデータではすでに職務とPOSアクセス許可グループの設定が済んでおり意識せずとも使えますが、その設定方法を紹介します。

 

POS用の個別セキュリティロールの作成

POSアクセス許可グループの確認

アクセス許可グループはメニューから以下のようにアクセスできます。

 

なぜかMenu itemの表示名は「アクセス許可グループ」です。

 

Managerでは以下のように権限を割り当てます。

必要に応じてカスタマイズしたPOSアクセス許可グループを作成することができます。

 

職務の設定

ヒューストン店長職務の作成

今回はヒューストン店舗の店長の職務を作成して、ManagerのPOSアクセス許可グループを関連付けすることとします。

職務のページを開きます。

 

新規から職務を作成して、以下のように名前と説明を入力します。

 

タイトルは右クリックにて遷移して新規作成します。

 

ここでは店長というタイトルとします。

 

ウインドウを閉じて職務ページに戻り、POS アクセス許可グループの設定します。

これで設定が完了しました。

この職務を従業員 (店舗スタッフ) に割り当てることで、POSの権限を割り当てることができます。

 

以上参考になれば幸いです。

 

関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。